読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9:41

ひとりごと

LEMONEDガール

2017.02.22

 

中学の友達のお母さんに会った。

 

たまたまオカンと行った居酒屋がたまたま友達のオカンの後輩の店で私らが帰ろうとしたタイミングてきた。

「○○のお母さん?!」ハッとして言ったらあっちも「やっぱり~!!!!」って。

おっさん綺麗になったねえって言われてさすがだわこのオカンと思った。

言われる前に「綺麗になった?」って聞いた私もさすがだわ。

 

ていうか少し前も地元で飲んでたら隣の卓に高校の同級生いてさ、久しぶり~!!!って。

 

自分の世界って移動するんだなあって思った。

いや、小さくなったのかな。

学生の頃は毎夜渋谷新宿辺りにいて少し時間空いたり帰りたくないとき、ちょっと連絡取ったら誰かにすぐ会えてた。

今じゃ一人そっと帰るだけだわ。

そう思うと友達減ったのかな。てか知り合い?もともと友達じゃなかったのかな。まあ知らんけど。

ていうかそういう時に誰かに連絡取ることが減ったのか。

もういいや帰ろって。

ベッドの中で丸まってるのが一番安全だし安心するって気付いたよね。

 

僕の部屋は僕を守るけど僕をひとりぼっちにもする

 

私喋るの苦手なんだけどさ、話すのは嫌いじゃないっていうか、私の話も聞いてほしいとか思うからさ、ブログって良いよね。

ちゃんと頭の中でゆっくり考えられるから、考えてもこの程度なんだけどさ。

この話やっぱやめよって思ったらバックスペース押してたら消えてくし。

 

昔、この人は私の言うことをわかってくれるって勝手に思ってた友達がいたのね。

でもある時ちゃんと伝わらなかったの。

「我慢してるってことでしょ?」って言われて私びっくりしちゃって、違うもんって口尖らせて相手を見つめることしかできなかったの。

「そんな目で見るなよ、ごめんごめん」って言われたけどそんなの釈然としないじゃん。

でもばかだから何がどう違うかすぐ言えなくて、ずっと一人でモヤモヤ考えた。

一週間考えてやっと"必要なくなったんだよ"って言葉が出てきてさ、たった10文字だよ?自分にもびっくりしちゃった。

 

彼に真意が伝わらなくてゼツボーした気持ちになってたけど、相手に伝わるように話せなかった私に非があるよね。

勝手に一人で幻滅してほんとに自分勝手だなって反省したわ。

 

私が喋ることがその時の私の気持ちの100%だし他人からもそう思われたいんだけどさ、みんなの中に創られた私に勝てないのよ。

私はこうするだろうこう思ってるだろうってそれにほんとの私が歪められる。

まあまあまあしょうがないと思うけどね。私だって勝手に創ってるんだろうし。

 

私は特に見た目と中味のギャップがすごいと思うの。

よく言われるし自覚してる。

だけどさ、保育園、小学校、中学校、ギリ高校あたりまでの友達に会うのはさ、すごい楽なのよ。

来週も小中とずっと一緒だった2人ご飯するんだけどとっても楽しみなの。

私が私のままでいられる空間があるのってありがたいよね。いやほんとラブだわ。

 

友達のオカンから始まってなんでその話になったのって思いつつ書いてたけどちゃんと地元に戻ってこれた。

 

めでたしめでたし。